お墓に消えた老人

投稿者 : Black Velvet


昭和58年(1983)頃の事だったと思う。
当時学生だった私は、友人Mと遊びに出かけた帰り、昼間ということもあり近道をするために舞子墓園の中を通ることにした。
墓園の中を通る車道をMと話しながら歩いていると、2m程前を白いジャージを着てジョギングしている老人がいた。
年の頃なら70代~80代といったところだろうか。私とMは特に気にする事もなく歩いていると、突然その老人は道に面したお墓の脇に入っていった。
??? 二人で顔を見合わせた。
ジョギングにしては余りにも奇妙なコースを走るものだと思い、好奇心からすぐ後をついて行ってみた。
車道に背を向けるように立っているそのお墓には、周囲を一周するように細い道がついていた。つまりその細い道はお墓を囲むようにして「コ」の字型になって車道へ戻っているのである。
お墓の周囲を一周して車道に出てみると先ほどの老人はいない。
車道は見通しの良い直線で、特に脇道も無い。まさか視界に入らない程の速さで件の老人が駆け抜けていったとも到底考えられない。
私と友人が見た老人はお墓の中に消えていったのだろうか…





本ページはフレーム構成となっております。
左端にメニューが表示されていない場合はこちらからどうぞ。