貴○荘後日談
投稿者 : Black Velvet


兵庫県南部の廃墟系心霊スポットとしては、知名度でいけば「ユネスコ会館」の次に有名と思われるA市の貴○荘跡(解体済)を訪れた時の後日談である。

貴○荘を訪れた翌日のこと。午後4時を過ぎた頃からだろうか、私は職場で突然全身に猛烈な悪寒を感じ、体の中から全身を貫くような言い表し様の無い寒気に襲われた。それもいつもなら暖房が効き過ぎていて窓を開ける程の職場に於いてである。
何度も言うが、どちらかといえば(心霊現象等に)否定的な私だが、これまでの経験から「どうも何か拾ってきたらしい・・・」という事は直感的に解った。
仮に貴○荘に件の女性の霊が居たとしてもそれは地縛霊なので付いて来る由も無い・・・とすると、そういう場所(=心霊スポットと呼ばれる場所)には霊が集まり易いと聞くので、あるいはそういったものを“テイクアウト”してきてしまったのかも知れない(苦笑)
これまで何度となく自力で振り払った(?)私だったが、どうも今回は長期戦になりそうな気配であった。しかし、ウィークデイに「霊が憑いたので落としてきます」とかいって休ませて戴けるほど世の中寛容でもないので、取敢えず週末まで様子を見ることにする。
週末、たまたま何かに導かれるように訪れた加西市のある山の頂にある霊場に赴いてから、とたんに悪寒も心身の不調もこれまでの事が嘘のようにすっきりと完治した。
思い込みの為せる技なのか、はたまた本当に霊が憑いていたのかは私には解らない、しかし不思議な事も有るものだと再認識させられた一件であった。






本ページはフレーム構成となっております。
左端にメニューが表示されていない場合はこちらからどうぞ。