天罰覿面
ご投稿 : 友人H


私(Black Velvet)の幼なじみHの体験談。

恐怖体験とは少し趣を異にするが、天罰覿面という話。

幼なじみの友人Hから聞いた話。
当時小学生だったHが数人の友人と共に近所の空き地で遊んでいた時のこと。その空き地というのが、宅地分譲地で更地がひな壇のようになっていた所だった。
H達数人が遊んでいると、そこに一匹の子猫がやってきた。それを見つけた外国人のTという少年は子猫を捕まえると、あろうことか子猫の首にヒモを括り付け、ひな壇になっている空き地の端から子猫を数メートル下にぶらさげて苦しむ子猫を見ながら「首吊りごっこ」と称して遊んでいた。
そんな矢先のこと、バランスを崩したT少年は真逆さまに転落、一段下の民家の軒先だったか空き地だったかはっきりとは覚えていないが、ともかく数メートル下に転落して大ケガを負った。
その時、居合わせて友達たちは驚きつつも、口々に「バチが当たった」と噂しあったそうである。






本ページはフレーム構成となっております。
左端にメニューが表示されていない場合はこちらからどうぞ。