京都 メル友殺人事件


2001年(平成13年)5月8日、京都府綾部市内を流れる綾部川の浅瀬で京都市右京区の会社員M.Mさん(28)の他殺体が発見され、数日後、警察の捜査により“メール友達”の土木作業員N.H容疑者(25)が逮捕された。更に、同容疑者はその後の調べで同じ京都府内で4月に起った京都市東山区の京都女子大二年生I.Mさん(19)殺害事件にも関与していたことが判明した。
まだ記憶に新しい『メル友殺人事件』である。
同月23日、同容疑者の供述に基づき京都府警が琵琶湖を捜索したところ、殺害されたI.Mさんの携帯電話等が発見されたのだが、この携帯電話は液晶部分が容疑者によって壊されていた。
それには、新聞などではあまり書かれなかったこんな話があったという。

証拠隠滅を図るためであろうか、同容疑者は殺害した女性の携帯電話を所持していた。
女性殺害後しばらくしての事、この女性の携帯電話に度々電話がかかってきては、受話器の向こうから苦しそうな女性の呻き声が聞こえてくるのだ。信じられない話だがその声は電源を切っていてもかかってきたという。更には液晶画面に苦痛にゆがんだ女性の顔が浮き出してくるようにまでなった…
遂に耐え切れなくなった同容疑者は(携帯電話の)液晶画面をハンマーで叩き割って琵琶湖に捨てたのだという。

罪の意識からの幻覚なのであろうか、それとも殺害された女性の無念の思いだったのだろうか…


補遺:
今日(H14.11.7)、京都地方裁判所でN.H被告に求刑通り無期懲役が言い渡された。改めて被害にあったお二人の冥福をお祈りすると共に、二度とこのような事件が起きない事を祈ります。








| もどりませう |