兵庫 女子中学生 肝試し中にトラックにはねられ死亡


平成24年(2012)12月2日午後9時5分ごろ、兵庫県姫路市名古山町の市道で、市内に住む中学生の男女二人が1トントラックにはねられ大怪我をした。
中学3年の女子生徒N.Kさん(15)が頭を強く打って意識不明の重体、もう一人の同級生の男子生徒K.Yさん(14)も頭を打つなどし重傷を負った。その後、意識不明の重体だったN.Kさんは搬送先の病院で亡くなった。

兵庫県警姫路署は、同日、自動車運転過失傷害の疑いで運転していた同市の自営業、F.T容疑者(48)を現行犯逮捕した。
同署によると、現場は片側1車線の直線で、道幅約5.5メートル。事故に遭った二人は霊苑に向かって真っ暗な市道の中央付近を歩いていたといい、容疑者男性は「少し視線を外したら車の前に人がいた。ブレーキが間に合わなかった」と容疑を認めているという。
当時、中学生達は事故現場近くの心霊スポットとの噂がある名古山霊苑に集合し、同級生ら20人ほどで肝試しをする予定だった。








| もどりませう |