日野神社西踏切

日野神社西踏切 人身事故が多発する踏切というものは全国にあるが、ここは人身事故の多発のみならず怪現象の噂も有り、霊が憑いているという噂がある。
ある人がバイクに乗って踏み切りを通過しようとした時のこと。踏み切りの中ほどで突然バイクが動かなくなり、警報機が鳴らないままに遮断棹が降りてきて中に閉じ込められ危うく列車に轢かれそうになったという話がある。

事実、(ここに限った事ではないのだろうが)人身事故も多く、ここ数年の事故を例にあげると

・平成19年(2007)1月31日、下りていた遮断棹を押して踏切内に進入した電動車イスの高齢男性が梅田発新開地行特急電車に接触、百数十メートル引きずられ死亡。
・平成21年(2009)2月9日11時38分、遮断棹を跨いで踏切内に進入してきた男性が梅田発神戸三宮行普通電車に撥ねられ死亡。
・平成21年(2009)11月26日12時15分頃、線路内に横たわっていた男性(推定 40〜60歳)が新開地発梅田行特急電車に撥ねられ死亡。
(12月下旬になっても男性の身元が確認できず、西宮市長が10月6日付官報に行旅死亡人として公告。)(注1.)
・平成26年(2014)8月31日18時58分頃、男性(推定 40〜50歳)が梅田発神戸三宮行普通電車に撥ねられ死亡。現場に特に争った形跡はないという。
(西宮市長が10月8日付官報に行旅死亡人として公告。)
・平成29年(2017)10月29日23時45分頃。踏切内に立ち入った男性(推定50代)が梅田発神戸三宮行急行電車に撥ねられ死亡。

などといった事故が相次いでいる。

また、余談だが昭和60年(1985)ごろには近傍のH神社境内で首吊り自殺があった。

注1.
原文ママ。平成21年(2009)11月26日に発生した事故に対し、行旅死亡人の公告が10月6日とあるのは翌年の10月6日のことか?



2017/03/31 加筆再編集。
2018/03/04 加筆。






本ページはフレーム構成となっております。
左端にメニューが表示されていない場合はこちらからどうぞ。