ホテルア○ア

ホテルア○ア K市の中心部、官庁やオフィスビルが建ち並ぶ中、そこだけが異質な空気に包まれた一角がある。
表通りから少し入った所にある廃ホテルア○ア。

以前、仕事で夜にこの前を通ったことがあるというS氏にご案内戴き現地へと赴くが、S氏も夜に一度来ただけで、加えて一方通行の通りが入り組んだ街中でのこと、目的のホテルア○アが見つからない。
車で周囲を行ったり来たりする事数分、ようやく目的のホテルア○アを見付ける。

ごく稀に心霊スポットを扱ったサイトでこの建物(ホテルア○ア)の事が扱われているのを見掛けるが、不気味な廃墟という事だけで心霊現象が起こるのか否かついては述べられていない。どちらかというと廃墟を扱ったサイトで取り上げられているのを見掛けることがある。

実際に中に入ったことのある匿名希望さんから伺ったお話によると

「中はかなり荒れてましたよ。バイ○ハザード2の警察署なみに。変な水槽とか自販機とか? 三人ぐらい生活していたかな? でも夏は外にいるでしょう。
(中略)
(所用で)あのホテルの横にクルマ停めて帰ってきたらゾンビみたいな奴
(管理人注:ホームレス?)が出てきた記憶が・・・思わずカバンで叩いて逃げてきましたよ。」

ということだった。

話から察するに、どうやらホームレスか何かが住んでいるのではないだろうか。

実際にホテルア○アを訪れると、たしかにそこだけ一種異様な空気に包まれている…
日に焼けて変色した「ホテルア○ア」の大きな看板が掲げらたままとなっている。
ラブホテルだったという話もあるが、情報に乏しく、いつ頃営業していたどのようなホテルだったのか等詳しい事は分からなかった。

このホテルが異様な雰囲気を放っている最大の要因は、廃墟のような状態でありながら明らかに生活臭がする事にあった。
正面の入口は塞がれていたが、従業員用出入口と思しきドアは派手な山吹色に塗られ、ドアには「国際交流○会」等の中国の何かの団体と思われる張り紙がしてある。
ホテル側面の窓や壁にも中国語(と思われる文字)で書かれた張り紙がいくつか貼り付けられており、明らかに誰かが住んでいる様子を呈している。
このホテルの関係者なのか不法占拠なのかは定かでは無いのでその辺りについての言及はここでは控える。
異様という意味ではかなり異様な空間ではないだろうか。

2017/05/18 追記
これだけ大きなホテルの廃墟が町の中に在るにも関わらず、ホテルア○アに関する情報は非常に少ない。
それもで、これまでで得られた情報を僅かではあるがここに追記する。

・心霊スポットと言われているわりに具体的な目撃情報や体験談はほとんどないのだが、オカルト好きの知人から、「屋上に人が立っているのを見た人がいる」という話をネットで見たと教えてもらった。

・未確認情報だが、このホテルア○アは神戸港に入港する船舶の船員の宿泊を対象に建設された? 営業していた? と言われている。

・廃墟のまま放置されていたのは、所有者が華僑(外国に移住している中国人)の方であり、土地買収等の手続きに時間がかかったためらしい。

・平成25年(2013)2月、解体。






本ページはフレーム構成となっております。
左端にメニューが表示されていない場合はこちらからどうぞ。