狩 口 台
(事実誤認の一例)

昭和40年代初頭ごろより県を中心に開発されたニュータウンの一角に狩口台がある。
「狩口台」という名前は、かつてここに処刑場があった事に由来する地名であるという話がネットを中心にまことしやかに語られている。

狩口台という名前は、大蔵谷にあった旧字「狩口」(大蔵谷字狩口、現 朝霧南町)から命名されている。
第14代天皇、仲哀天皇の時代のこと。大中姫命との間に生まれた二人の皇子、カゴ(「鹿」の下に、左側に「弓」、右側に「耳」)坂皇子(かごさかのみこ、香坂王)、忍熊皇子(おしくまのみこ)が、今の明石市と神戸市の境界を流れる狩口川の上流の台地で三韓征伐の帰途にある神功皇后を迎え撃つべく当地で武術の練習をしていた、或いは鹿狩りをしたという伝説があり、その狩場の入口であったことから狩口の地名が付いたといわれている。
(この伝説に由来する地名として狩口(狩口台)の他に、矢元(矢元台公園)、矢谷(天谷、現 舞子台緑地公園)等がある。)

江戸時代末期には明石藩がここに「狩口矢場」という演習場を設け、家臣荻野六兵衛を火術指南役として藩主松平直明らが小銃や大砲の演習や狩りを行っていた。荻野六兵衛の屋敷は現在のJR朝霧駅の東側に在ったという。

狩口台の南西に明石藩の畑山刑場が存在した事や、狩口台の「狩」の字が「首狩り」を連想させるといったような事が相俟ってこの様な話が出来上がったのではないだろうかと思う。
以上のことを踏まえ、狩口台に処刑場が無かったという事はお分かり頂けたと思う。
心霊スポットではない場所の紹介となったが、事実誤認の一例としてここに取り上げた。








本ページはフレーム構成となっております。
左端にメニューが表示されていない場合はこちらからどうぞ。