M高校

兵庫県南部にあるM高校は大正年間(1912〜1926)に設立された歴史ある学校で、甲子園出場校としても知られる。

この高校の地階にはトレーニングルームがあり、その横の通路には“この世の者ならざる者”が彷徨っているという。
聞いた話では、“それ”の姿は、生徒だけでなく教師までもが見たことが有るという。
また、“それ”を目撃した翌日に交通事故で亡くなった生徒もいたという。
現在、その通路は封鎖され使用禁止となっている。

余談だが、当地方で起こった大規模災害では、福祉事務所からの依頼を受け、高校の体育館2階や校舎が遺体安置所として使用されたこともあった。
(※ 幽霊?が出るという話は、遺体安置所として使用される以前よりあった。)


2017/05/15 M高校OBのH氏、S氏からのご提供情報を元に加筆再編集。

※おことわり
教育施設という性質上、心霊現象云々といった面からの積極的アプローチは難しいため、内容に関してはご提供頂いた情報、独自調査の範囲でしか掲載できず(具体的内容の不足)、加えて施設名、所在地、人物、団体等の名称及び画像等については公開できことないことをご了承頂きたい。






本ページはフレーム構成となっております。
左端にメニューが表示されていない場合はこちらからどうぞ。