大輪田橋

大輪田橋 神戸市兵庫区の清盛塚(平清盛の追善供養塔)の傍らを流れる新川に大輪田橋という大きな橋が架かっている。
大輪田の名は奈良時代に行基によって開かれた五泊の一つ「大輪田泊」から来ており、後に平清盛によって大修築された、神戸港発祥の港とも言える存在であった。

昭和20年(1945)3月17日の深夜、米軍のB29爆撃機、約70機が神戸を爆撃した。これが世に言う「神戸大空襲」である。
この時、この大輪田橋の下に避難した多くの人が、皮肉にも空襲の炎によって発生した竜巻によって亡くなっている。


2003/08/04 追記
2003年8月2日。S様より以下の様な話をお聞きした。

大輪田橋の下に戦時中の防空壕?みたいなものがあるって聞いて見に行ったことがあるんですよ。
入口はトタン板みたいなもので塞がれてて入れなかったんですが、隙間から中を覗くと木の松葉杖がひとつ転がってて、それがすごく印象でした。






本ページはフレーム構成となっております。
左端にメニューが表示されていない場合はこちらからどうぞ。