C処理場跡

在りし日のC処理場 兵庫県のある企業城下町の一角に下水処場があった。
この下水処理場が建っていた場所に、いつの頃か定かではないが処刑場があったと伝える。
本施設はこの市で最初に建設された下水処理場で、昭和33年(1958)より周辺地域の汚水処理の一端を担ってきたが、日本初の下水道ネットワークシステムの完成・運用開始に伴い、平成23年(2011)にその機能を停止した。
跡地南側には市の公募により選定された民間事業者の運営するスポーツ施設が建設される予定である。

史書、地誌などを調べているが詳細はついては定かではない。






本ページはフレーム構成となっております。
左端にメニューが表示されていない場合はこちらからどうぞ。