水正池

水正池 兵庫県加西市内を走る県道を市の中心部に向って車を走らせると、道を挟むように広がる水正池が見えてくる。バスフィッシングやバードウォッチングを楽しむ人の間では知られた池らしく、休日ともなれば池の周辺にバス釣りに来たと思われる車がよく停まっているのを見かける。

県道に面した池の端には、「水正池改修記念碑」が建っているのだが、県道を通る車が深夜にこの石碑の傍に立つ老婆の幽霊を幾度となく目撃しているという。
確証は得られなかったのだが、聞いた話を総合すると、今から十数年前(詳細不明)に一人の老婆がこの池に身を投げて亡くなった。数日後、遺体は発見され池から引き上げられたのだが、この時この老婆がいつもついていた杖だけが見つからなかったという。
その思いが今も残っており、こうして池の傍らに佇むのだという・・・

余談だが、加西市は国内最南端のコハクチョウ越冬地の一つで、毎年11月末になるとこの水正池にもコハクチョウが飛来し、翌年の3月頃までその姿を見る事が出来る。






本ページはフレーム構成となっております。
左端にメニューが表示されていない場合はこちらからどうぞ。