Y字路

Y字路 今から10年以上前に聞いた話を今更のように思い出し、現地を訪れてみることにした。
場所は神戸市西区伊川谷町、市営地下鉄伊川谷駅からバス道を南下し、新長坂橋を越えてすぐ、バス停「池上5丁目」の少し手前、バス道から分かれた脇道が伊川に沿うように伸びているY字路がある。
今から10年以上前の事にあるだろうか、今となってはその記憶さえ曖昧なのだが、友人達と遊びに行った帰り、深夜にここを通った時、車を運転していた友人から、この分かれ道の所に幽霊が出るそうだと言う話を聞いたように思うのだがはっきりと思い出せない・・・
その時は「へぇ、そうなんだ」程度にしか聞いていなかったのだと思う。幽霊が出るという話さえ曖昧な記憶でしかなく、今更、何故そんな事を思い出したのかさえ解らない・・・
10数年が経ったある日、所謂『心霊スポット』を扱うサイトを創り始めて突然思い出したのだ。

これまでに何度となくここを車で通ってはいたが、車から降りてゆっくりと歩いた事など無かった。
現地を訪れて歩いてみて私が見たもの・・・
それは一基の墓碑だった。よく気を付けて見なければ見落としそうな道路の脇、川に背を向けるように建つ花崗岩の墓碑は表面が摩滅して文字は読み取れないが、最上部に梵字のようなものが見える。何時頃に建てられた誰の墓碑なのだろうか。誰が手向けたのか真新しい花が供えられていた。
Y字路傍らに建つ墓碑 友人から幽霊が出るという話は聞いていたが、ここに墓碑があるなどという話は一言も聞いていなかったし、おそらく彼もここに墓碑があるという事は知らなかっただろう。
ここに現れると言われる幽霊とこの墓碑が関係があるか否かは解らない。
いや、花を手向けられ供養されている墓碑の主は安らかな眠りにつかれている事だと私は思う。

ただ不思議な事は、何故10年以上経た今になってこのY字路の事を思い出したのか。そして、そこを訪れて目にした一基の墓碑。(何か不思議な力で)呼ばれたとまでは言わない、しかし、私にとっては不思議な出来事だった。






本ページはフレーム構成となっております。
左端にメニューが表示されていない場合はこちらからどうぞ。