消えたライダー その2

―S様からのご投稿―




Sさんが愛車で六甲山を走っていた時のこと、後ろからピッタリとついてくる一台のバイクがいた。
Sさんもそこそこのスピードで走っていたのだが、ライダーに道を譲ってやろうと車を横に寄せ、バイクを先に行かせた。
バイクはSさんの車の横を抜け、軽く片手をあげて礼を言うと走り抜けていった。
その直後… 「ガシャン」という鈍い音が響いた。
「事故った!」そう思ったSさんは、急いでそのバイクの後を追いかけた。
すると、暫く行ったカーブ「No.18」にタイヤのスリップ痕(ブラックサイン)がはっきりと残っている。
「あぁ… 崖下に転落したか…」そう思ったSさんは慌てて、「おぉい、大丈夫か!」と真っ暗な谷底に向かって何度か呼び掛けてみた。しかし、Sさんの呼び掛けに応答はない。
意識を失っているのか、はたまた… そんな最悪のシナリオがSさんの脳裏をよぎる。
そうこうしていて、ふと足元に目をやったSさんが見たものは…
木の根元に作られた小さな祭壇と、お供えの花だった。
Sさんが見たもの何だったのだろう…





| もどりませう |