皆殺しの館
-前 編-
人跡未踏の森の中を進む… 「皆殺しの家」… なんともインパクトのある名前である。
それは大阪府泉南郡熊取町にある廃屋に付けられた名前だ。
この廃屋の他にも、(実際に起こった事件とは無関係に)日本各地には一家惨殺の舞台と噂される廃屋が多数あり、半ば「都市伝説」の域になりつつあるように思う。
ここは関西の心霊スポットとしてはかなり有名で、インターネットで「皆殺しの館」と検索をかければかなりの件数がヒットするほどである。

この屋敷にまつわる話は様々なバリエーションがあるのだが、だいたい次のような物である。
今から数十年前(この辺りは曖昧である)、ここに住んでいた家族の父親が突然発狂(一説には薬物中毒であったという話もある)、日本刀で妻と子供を次々と手にかけ、最後には自らも命を絶ったというものである。
また、これとは別に、この家に賊が侵入し一家を惨殺したという話もある。
話はこれでは終わらない。
惨劇の舞台には様々な噂が流れた。
この廃屋に掛かっている表札の名前(=発狂したといわれる当家の主人)を声に出して読むと、呪われるとか死ぬとかいわれている。また、ここに高速道路が通る事になり、この廃屋は解体されることとなったが、解体工事に携わった人間が次々と変死を遂げたため、高速道路はこの廃屋を大きく迂回する形で建設されたという。
そして、いつの頃からかこの家をある人が引き取り、供養のためお寺としていた。
しかし、その人もいつしかいなくなり、次第に荒れていったという。
廃屋の中には、一面にお経が書かれた障子があった、人間の髪の毛の束があった、壁一面に血飛沫が飛び散っていた、首の無い仏像があった、中に入ると奇妙な声が聞こえた、中を覗くと黒い人影が動いていた、最近この廃屋の台所で老婆の首吊り死体が見つかった等、私が調べたり聞いたりした話は以上のようなものだった。

詳しい事は後で触れるが、この「皆殺しの館」正しくは「成合寺」(じょうごうじ)というお寺で、現在は焼失して無い。しかし、関西ではかなり有名なこの皆殺しの館を(跡だけでも良いので)一度は見たいと思った私は、「熊取町の成合寺」という事だけを頼りに熊取町を訪ねる事とした。
熊取町と一口に言っても広い、そこで私はとりあえず熊取町まで行く事にした。
車を走らせる事1時間少し、熊取町の中心とおぼしき所に到着。あたりを探し交番を見つけて入ってみたのだがあいにく不在。暫くあたりを歩いてみて公民館を見つけたので、ここで訪ねてみることにする。
しかし、さすがに「皆殺しの館を探してるんですが」などと聞けるわけも無い。
成合寺を探しているのですがと受付にいた人に尋ねてみる。「ジョウゴウジ?」受付の人も、中にいた数人の方も「そんな所あったかな?」といった表情をされている。
やはり、かなり以前から廃墟となっているぐらいだから誰も知らないのかな。
そう思いつつも、『「成る」という字に「合う」という字で成合寺と言うそうなんですが…』そう続けると、一転、奥に居られた初老の男性が「ああ、ナリアイな」と言うと、周囲の方々も「ああ」といった表情に変わった。
「ナリアイジと読むんですか?」と問う私に、その男性は「いやいや、ジョウゴウジで合うてる(=合ってる)よ」と言うと、地図があるから教えてあげなさいと先の受付の方に促した。
(後で分かったことだが、成合寺(じょうごうじ)の在る場所が成合(なりあい)地区というらしい。)
私は受付の方に熊取町の地図を戴き、成合寺までの道を丁寧に教えて戴いた。
車に戻りカーナビである程度の場所を探してみる。何と言うことであろう、ちゃんとカーナビに「成合寺」とはっきりと記されているではないか。
カーナビを頼りに成合寺へと車を走らせた。

成合寺跡に残る石標 郊外を離れ、次第に山あいへと車は進んでゆく。小さな集落を抜け、少しばかり進むとやがて件の高速道路の下を潜る。カーナビに目をやると高速道路を越えると行き過ぎのようだ。しかし、カーナビの指し示す辺りは鬱蒼とした森があるばかりで何処にも道らしいものは見当たらない。
再びUターンして、先程の集落に車を停め、道を尋ねられる人はいないかとしばらく探す。
集落の中に入って行き、ようやく庭先で日向ぼっこをしていたおじいさんを見つけ、成合寺への道を尋ねる。
「成合寺はもうありません」最初に返ってきたのがその言葉だった。すでに焼失していた事は事前に知っていたのだが、わざわざ「跡」を見に来たとも言い難かったので、知らないふりをして色々とそのおじいさんから教えて戴いた。

おじいさんに教えてもらったとおりに車を走らせ、目的の成合寺の傍で車を停める。
車を降りて少しばかり歩くと、なんと目の前は草の生い茂る崖しかない。
え、まさかこれを登れと…
確かに、おじいさんの曰く、「今は道も無くなって草が生い茂っているから、どうしてもというなら草を掻き分けていくしかないよ」とは教えられた。しかしここまで酷いとは思っていなかった。
在りし日の成合寺の写真を見ると、平地に建っているようにしか見えない。まさかこんな山の上だったとは。
ためらっていても埒があかない。折角ここまで来たのだから今更引き返す訳にはいかない。意を決して、木を掴みながら道無き道を、草を掻き分けながら進んでゆく。
所々、草に埋もれた階段が見える。なるほど、確かに以前は道があったのだろう、しかし、今はその階段も途切れ途切れとなっていて、たどれるような状態ではない。
出来るだけ登りやすそうな所を選んでなんとか崖の上にまで到達。



後編へ⇒






本ページはフレーム構成となっております。
左端にメニューが表示されていない場合はこちらからどうぞ。