幽霊の棲む家

幽霊が出ると言われる店舗兼住宅 愛知県某所。主要幹線道の交差点の傍にテラスハウスタイプの店舗兼住宅がある。
横並びに数軒ある店舗兼住宅は全てがシャッターで閉ざされ、管理会社のテナント募集の看板が掲げられている。
いつ頃からこの様な状態になったのかは分からないが、建物の外観にそれほど傷みは見受けられないものの、店舗の看板が付いていた鉄柱が錆だらけになっているところを見るとかなり以前から全ての店舗が閉店していたものと思われる。
地元ではそれなりに知られた話の様で、話が広まるとともに借り手が無くなったのではないだろうか。空き家の状態が長く続いている感じだった。
ここに誰も住まなくなった理由、それはこの中の一軒に幽霊が出るという話があるからだ。
その家はこれまでに何度となく人が住んでは出て行くという事が繰り返され、それが原因か否か結果全てが空き家となった。

残念ながら諸事情により現地での詳しい聞き取りが出来なかったためここで何かがあったのか、この家でどの様なことが起こるのかは確認できなかった。
このまま置いていても新規入居も見込めないだろうから、いずれは解体整地されるのではないかという話だった。
次回訪れた時に時間があれば追跡調査をしたいと思っている。


2017/08/17 追記
平成29年(2017)春頃に解体された。


2019/08/19 追記
その後、大型店舗が建設されたが、今もなお新しくなった建物に幽霊が現れるという話である。(2019/08/13 現地確認)






本ページはフレーム構成となっております。
左端にメニューが表示されていない場合はこちらからどうぞ。