呑吐ダム探索

流れ者様よりのご投稿


2005年10月1日、平素より弊サイトを懇意にして下さっている流れ者様より、呑吐ダムへ探索に行かれた時の写真と共に次のようなメールを戴きましたのでここにご紹介させて戴く。

(前略)光が乱れまくってますが、このとき、デジカメのフラッシュ以外の光は殆どありませんでした。
懐中電灯も持ってはいましたが、つけてませんでした。

サイクリングロードの写真はもしかしたら像が反射したのかも知れませんが・・・
この像はサビまくってました。

トンネルの写真はぶれまくってますが、橋入り口1を見て頂くと分かる通り、手ブレじゃないです。
トンネルの白線、人、光、あと全体の風景のブレ方が全て違うので。

橋入り口2の写真も、懐中電灯持ってますがつけてません。
また、この写真は自分なのですが、この時、一人で橋を真ん中辺りまで往復し、橋の入り口が出た直後、首の後ろが非常に痛くなり、首を押さえてます。
この写真を見る前は周りの連中には冗談と思われてましたが、写真撮ったらこんな感じになってました 汗

光がおかしな感じで映ってるので、見ようによっては顔に見える部分もありますが、真意のほどは分かりませんw

それでは、流れ者よりご投稿戴いた写真をご覧頂こう。




衝原トンネル。
トンネルの中を何かが吹き抜けるように照明が流れている。
よく見て戴くと分かるのだが、不思議なことにトンネル内の照明の光の流れがクロスしている。手振れなら同一方向に光が流れると思うのだが。


衝原橋。
何かの光源があったものと思われるが、不思議なことに光だけが舞い上がる炎のようにブレている。
また、左端のコンクリートの柱の下方、配電盤BOX?の真上辺りに二つ重なった顔のような模様が見えないだろうか。


衝原橋入口。


衝原橋入口。
橋の中央辺りまで往復した直後、首筋の痛みを訴える流れ者様。
左上隅には奇妙な光が写っている。


衝原橋入口。


サイクリングロード。
被写体のピントは合っているにも係わらず後方の光だけが水中から上がる気泡のように写っている。


サイクリングロード。
同様に被写体のピントは合っているにも係わらず後方の光だけが流れている。



【 Menu 】