ル○ト赤坂

白骨化した遺体が見つかったル○ト赤坂
京都府北部、福知山市の国道沿いに平屋建てのドライブイン(カラオケ喫茶店)の廃墟がある。
1970年代後半から1980年代前半頃に開業、2000年頃に閉業したという。
店舗内は広く、 往時はカラオケパーティーなども行われていたようである。

廃墟の醸し出す特有の雰囲気も然ることながら、平成27年(2015)ここで白骨化した遺体が発見されたことで図らずも心霊スポットとしての地位を確立してしまうこととなった。
平成27年(2015)8月18日午後1時頃、近くで道路標識の補修作業にあたっていた人が廃墟となっていた店舗内で白骨死体らしきものが見えたため、警察に通報。
遺体は推定年齢50歳以上の男性。死後2、3年が経過していると見られ、布団に入って仰向けの状態で発見された。
福知山署で身元の特定を進めたが、身元(本籍、住所、氏名)の特定には至らず、行旅死亡人として京都府八幡市の福寿院に納骨された。

※おことわり
(1) 本記事の内容はミステリースポットの紹介として掲載をしているものであり、特定の店舗、組織(企業)、団体等の名誉棄損、誹謗中傷、業務の妨害を目的としたものではないことをご理解ください。
(2) 可能な限り検証をしておりますが、情報源の一部は風聞であり真偽不明であることをご理解ください。
(3) 店舗名、所在地、人物、団体等の名称及び画像等については公開できことないことをご了承ください。






本ページはフレーム構成となっております。
左端にメニューが表示されていない場合はこちらからどうぞ。