あそこ・・行ったの?
ご投稿 : F 様


この話はF様が大阪府北摂地方、K山東方のSという場所で体験された話である。

私が幽霊を感じた?体験した話です。
クワガタ採集に私と前述のB君「奇妙な一致」参照)、霊感の無いC君、D子さんと行きました。
本来は昼間、何回か下見をするのですが今回は下見なしで、夜中に行きました。
車を停めた近くの街灯には、クワガタが飛んできており、「わくわくするなぁ」とガタガタ道の山道に入っていきました。

15分程歩くと、道は急に狭くなりました。
と、なぜか急に家に帰りたくなったのです。
今まで、このようなことは無かったのですが、とにかく、ここにいるのが嫌だったのです。
「もう、クワガタ採集やめにして、帰りたい・・・」
するとB君が「Fさん、帰りましょう。やばいですよ・・」
私「何が、やばいの?」
B「俺の両肩に、女の人が、ぶら下がって・・。しんどいんです・・」
私「そうか?俺には見えんが・・。じゃぁ帰ろうか」
私は内心「帰れてよかった」と思いました。
C君、D子さんには、「ここは採れないから、戻ろう」といって今来た道を引き返しました。
私はずっと「なぜ、帰りたいと感じているのか?」と考えましたが、分かりません。

ところが急にフッと、わくわく感になったのです。
「帰りたい」気持ちがなくなったのです。
そして「あっ!」と叫びそうになりました。
道の幅が変わった場所でした。
B君が来て「Fさん、さっきの女、消えました。あ〜よかった」
私「おい、女がお前に憑いてきたのは、どこからや」
B「あ〜、あの道の幅が変わったところですよ。いなくなったのも、そこです」
私はB君に、帰りたくなったことを話ししました。
B「なんだったんでしょうね」
私「多分、危険だから、これ以上奥に行くなと、教えてくれたんじゃぁないかな」
それ以来、私はそこに行っていません。

後日、昆虫ショップでこの話をすると、店長曰く
「え?あそこ・・行ったの?よう行くわ・・・」






本ページはフレーム構成となっております。
左端にメニューが表示されていない場合はこちらからどうぞ。