ああ、また死す
(「鉄路の怪」 改題)

鉄道横死者供養塔 かつて鉄道少年であった知人から不気味な話を聞いた・・・

JR神戸線の明石市から神戸市西部に入る区間は殊の外人身事故や投身自殺が多い。
この区間の駅名を西から東に連ねると、「明石(かし)」→「朝霧(さぎり)」→「舞子(いこ)」→「垂水(るみ)」→「塩屋(おや)」→「須磨(ま)」となる。
これらの駅名の頭の一文字を(西から東に)並べると「ああまたしす」、そう「嗚呼、また死す」となるのである。
(「数多(あまた)死す」、或いは、大久保、西明石を加え「鬼(おに)、ああまた死す」とするものもある。)
偶然、あるいはこじつけと言われそうだが、あまりにも不気味な話ではないだろうか…

参考:「初公開「鉄道自殺数」が多い路線ランキング」(出典:東洋経済 ON LINE 2016年6月1日)によると、過去10年における首都圏以外の鉄道自殺数の多い路線ランキング1位が「JR神戸線」(大阪〜姫路駅間)で、自殺件数141件、人身事故件数266件となっている。

(画像は舞子駅近くにある「宝塔者為鉄道横死者各霊菩提」(昭和34年(1959)建立)の碑)






本ページはフレーム構成となっております。
左端にメニューが表示されていない場合はこちらからどうぞ。